arrowenvelopefacebookinstagramlinked-intwitteryelpyoutube

見積もりが必要ですか? 今までより早く見積もりをゲット

消費者は、ビジネスに関する信頼できる情報を探して毎日Yelpを利用します。美味しそうなピザの写真やレビューを見れば、新しいランチスポットもすぐに見つかるかもしれませんがカテゴリーによってはもう少し慎重なアプローチが必要です。ビジネスに連絡をとって料金がわからなければ、支払いさえもできません。

引っ越し業者を探している学生や、ウェディングのイベントでフォトブースを探している婚約したカップルやヴィンテージカーを探している車好きの人たちがYelpの”見積もりをリクエストする”機能から簡単にメッセージを送ることができます。最近Buzzfeedでも話題になったように、この最新のメッセージ機能は、Yelpの自動車/バイク、イベントプランニング、金融サービス、ホームサービス、ローカルサービス、プロフェッショナルサービスのカテゴリーでユーザーとビジネスオーナーの関わり方を変えました。

例えば、長い髪がシャワーの排水溝に詰まってしまったとしましょう。配管工事カテゴリーの検索を開始すると”見積もりをリクエストする”ボタンと返信所要時間が表示された結果があります。これらの時間は、ビジネスが返事をするのに平均何日、または何時間かかるかをユーザーに知らせます。検索の中でも一番早く返事をするビジネスが緑色でハイライトされています。

緑色でハイライトされているビジネスをクリックした後、状況を説明して必要なサービスの見積もりをリクエストすることができます。

他のビジネスの意見も気になりますか? 複数同時にメッセージできるツールで、複数のビジネスと繋がることも更に簡単になりました。一件のビジネスから見積もりをリクエストすると、最高10件までYelpはリクエストが聞けそうなあなたの地域の同じようなビジネスを表示します。そうすることにより、あなたはYelp検索を最大限に利用できるようになり、沢山のビジネスに電話をかける為に1日を費やす必要もなくなります。 早い返信時間は、早い結果をもたらし、あっという間に排水管の問題も解決されます。

既に”見積もりをリクエストする”機能がビジネスオーナーにとっても消費者にとってもとても有効であるということがわかっています。去年この機能を”ビジネスにメッセージを送る”から”見積もりをリクエストする”に変更してから、以下のような変化がありました:

– ビジネスオーナーの返信率が250%アップ
– 見込み客の半数以上のメッセージが24時間以内に返信されました
– ホームサービスのカテゴリーのメッセージングが1500%アップ

見積もりをリクエストする準備はできましたか? これらの新しい機能は現在ウェブとiOSからご利用頂けますが、Androidでも近日ご利用頂けるようになります。